ダイエット

【健康】肥満の人が喘息になりやすい理由wwww

投稿日:

no title
1: 名無しダイエット 2019/10/24(木) 21:43:42.99 ID:EU5jLakF9
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191024-00010009-newsweek-int
──肥満の人の喘息の有病率は11.1%で......
動脈に脂肪が蓄積すると心臓障害を発症するリスクが高まる。
アメリカの国立衛生統計センター(NCHS)が2001年から2014年までの全国健康栄養調査(NHANES)のデータを分析したところ、
肥満の人における喘息の有病率は11.1%で、標準体重の人よりも高くなっている。
その原因については、これまで、肺が圧迫されたり、体内で炎症が起こるためだと考えられてきたが、肺に蓄積された脂肪が作用している可能性を示す研究結果が明らかとなった。

■ 脂肪組織が肺の気道の構造を変え、喘息の発症リスク増加
 西オーストラリア大学の研究チームは、肺の中の気道の構造を分析し、太り過ぎもしくは肥満の人の気道壁に脂肪組織が蓄積していることを世界で初めて示した。
これらの脂肪組織が気道の構造を変え、喘息の発症リスクの増加につながっている可能性があるという。
一連の研究成果は、2019年10月17日、欧州呼吸器学会(ERS)の医学雑誌「ヨーロピアン・レスパラトリー・ジャーナル」で公開されている。

研究チームは、死亡した52名の肺のサンプルを分析。色素を使って1373本の気道を視覚化し、気道に蓄積している脂肪組織を特定するとともに、これを定量化した。
対象者のうち16名は喘息で死亡し、21名は喘息に罹患していたが喘息以外の原因で死亡し、15名は喘息にかかったことがなかった。

脂肪組織の量と対象者の肥満指数(BMI)を比較したところ、肥満指数の上昇に伴って、気道に蓄積された脂肪量も増えることがわかった。
また、脂肪の増加によって気道の正常な構造が変わり、肺の炎症を引き起こしていることも明らかとなっている。
研究論文の責任著者である西オーストラリア大学のピーター・ノーブル准教授は
「気道壁の肥厚によって肺への空気の出入りが制限され、喘息症状の悪化の一因となっているのかもしれない」と考察している。

■ 「体重と呼吸器疾患との関係を示す重要なものだ」
 欧州呼吸器学会の会長を務めるベルギーのルーヴェン・カトリック大学のティエリー・トロースター教授は、この研究成果を
「体重と呼吸器疾患との関係を示す重要なものだ」と評価。
「この研究結果によれば、太り過ぎや肥満によって喘息患者の症状が悪化するおそれがある。喘息患者が標準体重を維持できるようサポートすべきであろう」と述べている。
研究チームでは、今後、減量によって喘息の症状が改善するのかどうか、詳しく調べる方針だ。


続きを読む

Source: ダイエット速報@2ちゃんねる
【健康】肥満の人が喘息になりやすい理由wwww

-ダイエット

Copyright© コスメのオススメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.