ダイエット

【朗報】北朝鮮が「やせ薬」を開発の成功!!人口の約4割が栄養不足なのに権力者たちの「肥満」の“ねじれ現象”

投稿日:

1: 名無しダイエット 2018/08/23(木) 17:54:43.12 ID:CAP_USER
 北朝鮮で驚くべき新商品が開発されたと、同国メディアが宣伝を始めた。新商品は、何と「やせ薬」だ。国連が「北朝鮮の人口の約4割が栄養不足」と指摘するなか、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長ら、ごく一部の幹部らは生活習慣病に悩まされているらしい。肥満症治療薬の登場は、ゆがんだ北朝鮮社会を象徴している。

 「やせ薬」発売のニュースは、北朝鮮の対外宣伝サイト「朝鮮の今日」など複数の官製メディアが7月24~25日にかけて報じた。

 「効能の高い高麗薬 開発事業 積極的に推進」のタイトルで、「牡丹峰(モランボン)高麗薬工場の従業員たちは、わが国の身近にある薬草で副作用が少なく、肥満症の治療に効果がある黄金の防風肥満カプセル薬を開発した」と報じた。

 また、別の高麗薬工場が、生薬の有効成分を取り出すプラントの開発で、健康ドリンクを新発売したとも伝えている。

 外国向け外国語の短波放送「朝鮮の声放送」でも同月30日、「やせ薬」発売を紹介しており、海外で売りさばく狙いもありそうだ。

 ただ、北朝鮮の食糧事情は依然として厳しい。

 「月刊朝鮮」(電子版)は昨年10月、食糧農業機関(FAO)など5つの国連機構が2017年9月に発表した「世界食糧安保と栄養状態報告書」を紹介した。これによると、同14~16年に「栄養不足状態」にある北朝鮮国民は1030万人、実に国民の40・8%にのぼるという。

 一方、報告書は「肥満」と判断される北朝鮮国民は60万人いて、11年前の40万人と比較すると、20万人増加したとしている。

 この“ねじれ現象”について、民間の朝鮮研究者は「正恩氏の経済政策で、ある程度、商売が自由化された影響がある。事業に成功した企業家や、政権を支える権力者が丸々と太っている」と指摘した。

 注目の効能はどうか。

 北朝鮮グッズの第一人者、宮塚コリア研究所の宮塚利雄所長は「これまで北朝鮮は数多くの滋養強壮や勃起薬、がん治療薬を開発したと宣伝してきたが、肥満の治療薬は初めて見た。製薬会社が上層部に『頑張っていますよ』とアピールする目的か、実際に幹部が使っている可能性がある。ただ、正恩氏は使わないはずだ。使うなら信頼できる日本製を選ぶだろう」と分析している。

no title
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180823/soc1808230005-n2.html


続きを読む

Source: ダイエット速報@2ちゃんねる
【朗報】北朝鮮が「やせ薬」を開発の成功!!人口の約4割が栄養不足なのに権力者たちの「肥満」の“ねじれ現象”

-ダイエット

Copyright© コスメのオススメ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.